捨てられた皇妃 ネタバレ73話!白紙に戻された破談の会議。アレンディスのティーパーティーは波乱の予感・・・!?
スポンサーリンク

漫画「捨てられた皇妃」は原作Yuna先生、漫画iNA先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「捨てられた皇妃」73話を読んだので、ネタバレ込みあらすじや読んだ感想をまとめました!

前回のラストシーン☆
無事に、大樹を火事から守ったアリスティア。
勝手に指揮を取ったことを皇帝に詫び、いかなる罰も受けるとアリスティアは頭を下げます。
しかし、皇帝もルブリスも、彼女の言葉に何も言わず、ただ見つめるばかりで・・・。

≫≫前話「捨てられた皇妃」72話はこちら

また恋愛作品からオリジナル限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』はこちら

マンガMee

  • 登録不要!無料でダウンロード!集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
  • 大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

    Contents

    スポンサーリンク

    捨てられた皇妃 73話の見どころ・考察予想!

    皇帝の思惑

    前回、圧のあるお顔でアリスティアに圧をかける雰囲気で終わっていた皇帝。

    何を考えているのか読めませんが、直前の会議では、アリスティアとルブリスは破談でもしょうがないかな、って態度だったと思います。

     

    アリスティアのことは本当に気に入っていますが、消火活動の越権行為に腹を立てるのか、それとも、凛々しくて騎士向き!となるのか・・・。

     

    懐の大きい方なので、怒ることはないと思います。

    罰は与えず、アリスティアのを騎士としての素質見抜いて、応援してくれるのではないかと思います!

    アレンディスの思惑

    今回の後半は、ガラッと変わってお茶会の様子に移ります。

    アレンディス、すごく計算して振る舞っているので、ぜひ注目してみてください♪

    スポンサーリンク

    捨てられた皇妃 73話のネタバレ込みあらすじ

    消火活動を見て、皇帝、そしてルブリスは・・・

    火事の現場を勝手に取り仕切ってしまい、皇帝に謝罪するアリスティア。

    皇帝は、しばらくアリスティアを見つめていました。

     

    が、ふと困ったように笑って、表情を柔らかくします。

    そして、アリスティアを諦めきれないと言うのです。

     

    どうやら、皇帝は、アリスティアの父、ケイルアン・ラ・モニークの想いを汲んで、アリスティアを皇室に迎えるのはやめる方向で考えていたようです。

     

    ところが、アリスティアの消火活動を見て、手元に置きたい逸材だと感じたのでした。

    皇帝は、会議を白紙に戻し、結論を延期にしてしまいます。

     

    何か言いたげな眼差しで、アリスティアを振り返るルブリス。

    険しい表情のアレンディスと、悪態までつくカルセイン。

     

    それぞれがその場を立ち去り、残されたアリスティアは父ケイルアンに謝罪します。

    自分が目立ったために、婚約の破談が無くなってしまったからです。

     

    ケイルアンはアリスティアを抱きしめ、「アリスティアが無傷ならそれ以上のことは望まない」と言います。

     

    そして、「なんて似ているんだろう・・・」と呟きました。

    父の腕の中でアリスティアは、目立ったことを反省しつつ、大樹を守れたことを嬉しく感じるのでした。

     

    いつか花が見たい、と大樹を見上げるアリスティアを、上から見つめている人物がいました。

    ルブリスです。

     

    生まれつき体が弱いと思っていたアリスティアですが、消火活動の件で、アリスティアの強さを目の当たりにし、驚いたようです。

    アリスティアを突き動かすものは一体何なのか、疑問に思います。

    ベリータ公爵邸のティーパーティー

    それから数日経ったある日、ベリータ邸の温室ではティーパーティーが催されました。

    アレンディスの母、セルビアーナ・デ・ベリータがにこやかに出迎えます。

     

    ジェノア嬢、フィル嬢など、招待客が到着し、セルビアーナは嬉しそうに挨拶を交わしますが、アレンディスによって言葉巧みに屋敷に戻されました。

     

    アリスティアとアレンディスが会話している様子をじっと見つめるジェノア嬢。

    そのとき、カルセインが遅れて到着します。

     

    カルセインは、今日も本性を隠している様子のアレンディスに、表面上、合わせはします。

    が、アレンディスがアリスティアの右に座れば、自分も左に座ります。

    噂好きな客たち

    お茶会が始まり、カルセインとアリスティアの交際の噂を確認したい様子の面々。

    ひとまず、ハイビスカスティーが振る舞われました。

     

    飲みにくそうな表情のカルセインを見て、アリスティアはいつものように角砂糖を二つ入れます。

    一同がその様子をつぶさに観察するので、自分のカップにも砂糖を頼むアレンディス。

     

    アリスティアが、甘いお茶が嫌いなアレンディスを心配し、確認したとき、フィル嬢が口を開きました。

    なんでも、アリスティアが味の好みを把握していたので、カルセインとアレンディス、どちらとも仲がいいことが分かったとのこと。

     

    一同、あの噂が嘘でよかった、皇帝派閥に亀裂が入るかと心配したと言います。

    噂を知らないアリスティアは、慌てて噂の詳細を確認しようとしました。

     

    ヌエン嬢は、嬉々として噂の詳細をアリスティアに聞かせようと乗り出します。

    カルセインとアリスティアが恋仲である、という噂についてです。

     

    しかし、ヌエン嬢は、最後まで言い切る前に硬直してしまいます。

    ヌエン嬢の恐怖に怯える眼差しは、アレンディスを捉えていました・・・。

    スポンサーリンク

    捨てられた皇妃 73話の感想と次回74話の展開を考察予想!

    いやーーー、皇帝、可愛いですね!!!笑

    あんなに威厳のある雰囲気なのに、ぶつぶつ言いながら帰って行ったのがすごくツボでした!笑

     

    やっぱり前回のアリスティアは男前でしたもんね!!!

    そっかー、そういう展開になるか。

     

    皇帝のやっぱり手放したくない発言に、しまった!って感じの表情をする2公子のコマが、色々な思いが交差する様子がよく表されていて、とても面白かったです!

     

    特にカルセイン、口が悪くなってる(笑)

    悔しかったんですね、皇帝にはアリスティアの魅力に気づいて欲しくなかったんですよね。

     

    一方、パーティーの方ですが、パーティーの主催がアレンっぽいですよね。

    アレン、母が主催みたいな発言ありましたよね?

     

    なのに、母を早々に退出させて、砂糖のくだりもわざわざハイビスカスティーを用意して、この展開になるよう仕込んでいたのでは・・・?

     

    そしてとうとう、最後にはダークアレンを出してしまったんでしょうね・・・。

    可哀想なヌエン嬢・・・。

     

    結局、カルセインとアリスティアの噂を消すために、ティーパーティーを開いたということでしょうか。

    噂が好きそうなメンツですもんね、きっと噂が嘘だったと吹聴してくれるんでしょうね。

    まとめ

    今回は漫画『捨てられた皇妃』73話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

    ≫≫次回「捨てられた皇妃」74話はこちら

    おすすめ無料漫画アプリ

    マンガMee

    公式サイト

    ・登録不要!無料でダウンロード!・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!

    ・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

    FODプレミアム
    FODプレミアム
    公式サイト
    ・無料期間中にポイント付与!有料作品も楽しめる!・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!

    ・最新雑誌も読み放題だよ♪

    おすすめ電子書籍サービス

    まんが王国

    まんが王国

    公式サイト

    ・登録無料&クレカがなくてもOK!電子書籍サイトで業界最大級

    ・毎日最大50%ポイント還元!

    1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!

    U-NEXTU-NEXT
    公式サイト
    ・無料トライアル31日間!・初回31日間は月額2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。

    無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪
    U-NEXTの解約や退会の手続き方法についてはこちら

    ebookjapanebookjapan

    公式サイト

    ・登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!・約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪

    半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪




    スポンサーリンク
    おすすめの記事